大討伐クエスト その1

大討伐クエストとは

大討伐クエストとは、大巌竜ラヴィエンテが現れた場合にのみ、「パローネ=キャラバン」で受注可能なクエストです。
大討伐クエストは、ランド全体で1体の大巌竜ラヴィエンテに参加ハンター全員で立ち向かい、複数のパーティーがクエストに何度も出発し累計ダメージを蓄積させることで討伐できるなど、様々な特徴があります。

また、G級のハンターのみが受注可能な「ラヴィエンテ猛狂期」が出現することもあります。この場合の大討伐クエストは、通常の大討伐クエストの流れと異なるものとなります。詳細は下記をご参照ください。

G級大討伐クエスト

大討伐クエストの特徴

①ラヴィエンテは、ランド全体で1体のみ

大巌竜ラヴィエンテは、1つのランドに対して1体しか出現しません。
また、大討伐クエストに参加を表明する最初のハンターは、ハンターランク(HR)2以上のハンターが参加可能な「ラヴィエンテ」、もしくはHR5以上のハンターが参加可能な「ラヴィエンテ狂暴期」のいずれか一体を選択します。
ハンターたちは大討伐クエストへの参加を表明し、全勢力を1体のラヴィエンテ討伐に傾けることで、大討伐クエストの最終目標である「狩ノ宴」を目指します。

②大討伐クエストの参加人数は、最大8人

ハンターたちを「絶島」へと輸送するパローネ=キャラバンの気球には定員があるため、大討伐クエストには参加人数の制限があり、最大8人のハンターのみの参加となります。
定員オーバーで参加できなかったハンターは、他のランドに出現したラヴィエンテの討伐に向かうか、今のランドの参加状況に空き枠ができるのを待つ必要があります。

ラヴィエンテとラヴィエンテ狂暴期の違い

ラヴィエンテとラヴィエンテ狂暴期では、以下のような違いがあります。
ラヴィエンテの種類 受注可能HR 参加可能人数 受注可能な区
ラヴィエンテ HR2〜 4〜8人 入門区、復帰区、自由区、交流区
ラヴィエンテ狂暴期 HR5〜 4〜8人 復帰区、自由区、交流区

 

③大討伐クエストに参加すると、「大討伐チャット」が使えるようになる

大討伐クエストに参加すると、チャットの送信チャンネル「大討伐」が利用可能になります。
このチャンネルの送信範囲は大討伐クエスト参加者全員になります。これを「大討伐チャット」と呼び、様々な連携や支援要請に必要不可欠な機能です。

④力尽きたハンターも、「復活可能」状態なら何度でも復帰できる

大討伐クエストでは、パローネ=キャラバンから様々な支援を受けられます。
その中の一つが「復活支援」であり、大討伐クエストに参加したハンターは「復活支援」が有効な限り、何度力尽きても狩猟に復帰できます。

⑤パローネ=キャラバンからの支援が局面を左右する

復活支援以外にも、支援砲撃でしか破壊することのできない部位を破壊する「部位破壊支援」や、ラヴィエンテの怒り状態を鎮める「鎮静支援」など、様々な支援を活用しましょう。
一部の支援を受けるためには、参加ハンターによるアイテムの納品が必要です。

⑥ランドの合計で一定以上のダメージを与えることができれば、
「一時帰還」もしくは「討伐」になる

ハンターたちが与えた累計ダメージが一定を超えると、大討伐の進行度が一段階進み、ハンターたちは「一時帰還」となります。見事、制限時間内に大討伐の進行度を最終段階に進め、ラヴィエンテの残り体力を削りきれれば「討伐」完了となります。

⑦ランド全体で設定された制限時間を越えると「失敗」になる

大討伐が開始されると、パローネ=キャラバンのクエストボード上中央に設置されたカラクリ時計が動きはじめます。針が最後の目盛りに達する前にラヴィエンテの討伐を達成できないと大討伐クエストは「失敗」となります。

⑧ランド全体の「討伐士気」が「0%」になると「失敗」になる

大討伐クエストに参加したハンターは、画面左上に「討伐士気ゲージ」というゲージが表示されます。
これは参加したハンター全体の士気を表しており、ラヴィエンテの討伐中にこのゲージが「0%」になっても、大討伐クエストは「失敗」となります。

▲ 上へ戻る

全体の流れ

大討伐クエストが配信されている期間中は、上の図のように1つのランド内で何度でも大討伐クエストが繰り返されます。
1回の大討伐クエストの流れは、以下のようになっています。

 

①参加

実施時間:参加ハンターが一定を越えるまで

大討伐クエストへの参加を表明するフェイズです。4人以上の人数が集まった段階で自動的に次のフェイズ「大討伐」が始まります。

②大討伐

実施時間:最長3時間

ラヴィエンテの討伐を行なうフェイズです。ラヴィエンテに一定以上のダメージを与えると大討伐の進行度が進み、これを続けることで「討伐」の完了を目指します。見事「討伐」が完了すれば、次のフェイズ「狩ノ宴」が始まります。

③狩ノ宴

実施時間:最長24時間(剥ぎ取りクエストの受注と褒賞品の受取が完了すれば終了)

大討伐クエストの参加ハンターのみで実施される褒賞授与のフェイズです。大討伐クエストに参加していなかったハンターは「参加」フェイズとなり、次の大討伐クエストの参加を表明できます。

※「大討伐クエスト」が配信されていない期間につきましては、「狩ノ宴」フェイズが続行されません。 「大討伐クエスト」の配信期間が終了する前に、「狩ノ宴」にて剥ぎ取りクエストの受注と褒賞品の受け取りを行なってください。

配信期間中は、上記の①~③が繰り返されます。

▲ 上へ戻る

参加

通常のクエストと異なり大討伐クエストに参加するには、まずパローネ=キャラバンのカシラに話しかけ参加登録をしなければなりません。
大討伐クエストに参加可能な最大のハンター数は8人ですが、最低4人以上揃えば「大討伐」フェイズが始まります。参加登録は、以下の手順で行ないます。

 

大討伐クエストへの参加登録方法

(1)「参加」フェイズ中に、パローネ=キャラバンのカシラに話しかけ、「大討伐に参加する」を選択します。

 

既に参加人数の上限に達している場合は参加できません。そのランドの参加者に空き枠が出るまで待つか、他のランドに移動して参加を表明しましょう。

(2)討伐クエストの対象となるラヴィエンテを「ラヴィエンテ」「ラヴィエンテ狂暴期」のいずれかから選択します。

この選択は、そのランドで一番最初に参加等登録を行なうハンターのみに表示され、
以降のハンターは一人目のハンターが選択した種類のラヴィエンテの討伐に参加することになります。

(3)大討伐クエストへの参加確認が出るので、【はい】を選択します。

(4)「大討伐クエスト」への参加登録が完了しました。

参加登録が完了すると、ハンター名の横の狩人珠アイコンが大討伐アイコンに切り替わります。
また、画面左上にアイコンと人数が表示され、現在の参加人数と参加時間締め切りを表すタイマーが表示されます。
4人以上のハンターが参加を表明している状態で参加時間締め切りを迎えると「大討伐」フェイズが始まります。

「大討伐」フェイズが始まった後も参加者に空き枠がある場合は、引き続きパローネ=キャラバンのカシラから参加を表明することが可能です。

 

一度、参加を表明するとその大討伐クエストが終了するか、他のランドの大討伐クエストに参加を表明するまでは、「参加登録」は維持されます。

「登録」と「参加」

パローネ=キャラバンのカシラに話しかけ、「大討伐に参加する」を選択すると、「登録」と「参加」が同時に行なわれます。

「登録」とは、そのランドのその時点での「大討伐」に「参加を表明した」ことを表します。

「参加」とは、そのランドのその時点での「大討伐」に現在「参加している」ことを表します。

 

「登録」の情報は、他のランドに移動する、もしくはログアウトした後も、登録した大討伐クエストが継続中の間は維持されます。
「参加」の情報は、他のランドに移動する、もしくはログアウトすると解除され、大討伐クエストの参加状況に空き枠ができます。

 

大討伐クエストの参加中に、他のランドに移動する場合は、十分注意しましょう。
移動して戻って来たら、参加状況が満員で以降の「大討伐」フェイズに参加できなくなったということが発生する場合があります。
以下のような移動を行なう場合は、注意が必要です。

・猟団部屋に移動する(他のハンターが別のランドに猟団部屋を設定している場合)

・フレンドリストや猟団の団員一覧から、他のハンターの場所へジャンプする

・「@here」の全体チャットの呼び先へジャンプする

そのランドの参加状況は

その大討伐クエストに参加していないハンターがパローネ=キャラバンを訪れた場合、大討伐クエストが発生中であることを表す気球アイコンと、その時点の「参加」人数が表示されます。

 

また、大討伐クエストの進行度が「9」の場合は、気球アイコンが点滅し、大討伐クエストの終了が近いことが分かります。

 

大討伐チャットと有効範囲

パローネ=キャラバンを訪れると、大討伐クエストの開催の有無に関わらず、チャットチャンネル「パーティー」が「大討伐」に変更されます。
大討伐クエストの非参加者は、受信チャンネルのみが有効ですので、「大討伐チャット」の内容を聞くことはできますが、話しかける(送信する)ことはできません。
大討伐クエストに参加すると、送信チャンネルが有効となり、「大討伐チャット」で会話することが可能になります。このチャンネルの送信範囲は、 パローネ=キャラバンにいる大討伐クエスト参加者全員です。

「大討伐チャット」の具体的な送信範囲は以下の通りです。

 

大討伐チャットが可能な範囲

▲ 上へ戻る

ページを閉じる