ラスタ同行

ラスタ同行とは?

 

ラスタ同行とは

 

他のハンターに助けてもらう「同行契約」を結んでも、「ラスタ同行」の設定を行なわなければ、ラスタはクエストに同行しません。
また、ラスタを「同行する」設定にしていた場合も一定の条件下では、ラスタはクエストに同行しません。

 

 

「ラスタ同行」は、以下の手順で設定します。

(1)入門区、または自由区のメゼポルタ広場にある「ラスタ酒場」へ向かいましょう。

 

(2)「ラスタ酒場」内の「ラスタ受付」に話しかけ、「ラスタ同行(○○)」を選択します。(○○)には、「する」もしくは「しない」が記述されています。「する」の場合は、クエストに同行する設定になっていますので、変更する必要はありません。

 

(3)「ラスタを同行させる」を選択すれば、「ラスタ同行」の設定は終了です。

 

▲ 上へ戻る

ラスタ同行の注意点

ラスタを同行する場合は、以下の点に注意してください。

 

クエスト受注時

①クエストボードの参加人数の表記には、同行予定のラスタの人数は加算されません。

②クエストの参加上限人数いっぱいまでハンターが参加していた場合は、ラスタはクエストに同行しません。

・参加人数を「1人」に設定した場合

・参加人数を「2人」に設定し、パーティーの人数がラスタを含まず2人だった場合

・参加人数を「3人」に設定し、パーティーの人数がラスタを含まず3人だった場合

・参加人数を「4人」に設定し、パーティーの人数がラスタを含まず4人だった場合

③クエストの参加上限人数にハンター数が満たない場合も、参加空き枠の数に対して、全同行NPCの人数が余剰した場合は、いずれかのNPCがランダムで参加空き枠数分クエストに同行します。
同行するNPCは、参加したハンターの「NPC同行設定」で優先順位「1」となっているNPCの中からランダムで決定されます。
ただし、NPC同行設定でレジェンドラスタの優先順位を「1」としているハンターがいる場合は、レジェンドラスタが優先的にクエストに同行します。

④以下のクエスト種別では、ラスタはクエストに同行しません。

・公式狩猟大会用クエスト

・VS.クエスト

・狩人道場の各種演習

・大闘技会

・アイテム持込制限が設定されているクエスト

・武具装備制限が設定されているクエスト

・一人用クエスト

・睡眠学習

・はじめてのクエスト

・狩猟技昇段試合

・天廊遠征録

(一部のクエストでは、同行契約中のラスタとは異なる「教官ラスタ」が同行します。)

 

 

クエスト中

①クエスト中のラスタには、通常のハンターとは異なる左図のような独自のエフェクトが表示されます。

・名前の左にラスタを表すアイコンが表示されます。

・左肩付近にラスタを表すエフェクトが表示されます。

・ラスタは体力ゲージが他のハンターの画面に表示されません。

 

②ラスタは一定以上ダメージを受けるとクエストから一時離脱し、一定時間経過後、クエストに復帰します。

③ラスタがクエスト中に何度離脱しても、契約金の減算対象になりません。何度でもクエストに復帰できます。

④ラスタはハンターからアイテムを受け取りません。また、ハンターにアイテムを渡すこともありません。

⑤クエスト中にラスタが入手したアイテムは、ハンターに渡されることはありません。

⑥クエストに同行しているラスタと契約しているハンターが「リタイア」した場合は、その時点でラスタも「リタイア」します。

 

 

クエスト精算時

①クエストクリア時の報酬は、クエストに同行したラスタの人数も含めた人数で分配されます。ラスタに分配された報酬が、契約しているハンター等に渡されることはありません。

②クエストに同行しなかったラスタに関しては、以下のいずれの場合も報酬分配の対象とはなりません。

・ラスタを「同行しない」設定にしていた場合

・ラスタを「同行する」設定にしていたが参加空き枠がなかったため、クエストに同行しなかった場合

③キャラバンクエストでは、ラスタは狩人珠ポイントの対象外となります。

▲ 上へ戻る

ギルド貢献ポイントとは?

ギルド貢献ポイント説明

ギルド貢献ポイントとはゲーム内でアイテムの交換を行なえたり、「パートナー」の育成などに必要なポイントです。ギルド貢献ポイントは、クエストを達成することで獲得可能です。さらにラスタをクエストに同行し(もしくはクエストに同行する設定にし)クエストを達成した場合や、クエスト中のプレイ時間に応じて、契約を結んだ双方のハンターに追加で加算されます。

また、パートナーと同行していた場合も、通常よりも多くギルド貢献ポイントを入手できます。

「ギルド貢献ポイント」は、「ハンターライフコース」や「トライアルコース」などの利用権の種別に関わらず、クエストを達成することで加算されます。

加算される「ギルド貢献ポイント」は、クエストの精算画面にて確認可能です。

 

以下のような場合は、クエスト中のプレイ時間に応じて通常よりも多く「ギルド貢献ポイント」が得られます。

 

①「同行契約(助けてもらう契約)」を結んだラスタをクエストに同行した場合

②「同行契約(助けてもらう契約)」を結んだラスタをクエストに同行する設定にしていたが参加空き枠がなかったため、クエストに同行しなかった場合

③「同行契約(助けてもらう契約)」を結んだラスタをクエストに同行する設定にしていたが、ラスタが参加できないクエストだった場合

上記の①-③で得られたギルド貢献ポイントは、ハンターの個人ステータスに即時で反映されます。

④「救援契約(助ける契約)」を結んだ他のハンターがクエストにラスタを同行した場合

⑤「救援契約(助ける契約)」を結んだ他のハンターがクエストにラスタを同行する設定にしていたが、参加空き枠がなかったため、クエストに同行しなかった場合

⑥「救援契約(助ける契約)」を結んだ他のハンターがクエストにラスタを同行する設定にしていたが、ラスタが参加できないクエストだった場合

上記の④-⑥で得られたギルド貢献ポイントがハンターの個人ステータスに反映されるには、以下の手順が必要です。

・「救援契約(助ける契約)」を結んだ他のハンターが、クエスト達成後(ギルド貢献ポイント入手後)に、ランド移動・ワールド移動を行なう、またはログアウトし再度ログインを行なう。(ログアウトのみでは反映されません)

・手順1の後、ハンター自身がランド移動・ワールド移動を行なう、または次回ログインした際に、ギルド貢献ポイントが個人ステータスに反映されます。

つまり、契約したラスタの表示の有無に関わらず「同行する」設定でクエストを達成すれば、「ギルド貢献ポイント」が得られます。クエストの達成にはメインターゲット達成とサブターゲット達成がありますが、そのどちらでもかまいません。
なお、以下の場合はラスタ契約でもらえる「ギルド貢献ポイント」が適応されないので、ご注意ください。

 

・クエストに失敗した場合

・クエストを途中でリタイアした場合

・「同行契約(助けてもらう契約)」を結んだラスタをクエストに同行しない設定にしていた場合

・「救援契約(助ける契約)」を結んだ他のハンターが、クエスト出発時にラスタを同行しない設定にしていた場合

▲ 上へ戻る

ギルド貢献ポイントで出来ること

「ギルド貢献ポイント」は、様々な場面で活用できます。主な利用方法として、

・ラスタの装備できる武器種の制限解除
・「調合屋」で受けられる「本日の貢献P調合」
・パートナーの育成
・「総合ショップ」でアイテムや素材との交換

等です。詳細はそれぞれ下記をご確認ください。

ラスタ機能の解放

 

本日の貢献P調合

 

パートナーとは

 

総合ショップ

 

▲ 上へ戻る

ページを閉じる